最近のうちの娘の様子

カテゴリー:日記 タグ:

うちの幼い娘もいつのまにか一歳八ヶ月。新生児の頃と比べて本当によく笑い、よくしゃべるようになりました。何を言っているのかはよくわかりませんが(笑)

それでも、仕事から帰ってきて家のドアをガチャガチャ開けると、「パパーーーー!!!」と叫んで歓迎してくれます。ときにはダッシュで駆け寄ってきてくれたりもします。

いや、これがマジ嬉しいですね(^^)

用もないのに近寄ってきては、もじょもじょ言いながら去っていく(笑)

何かよくわからない歌をもじゃもじゃ歌いながら、部屋の中をぐるぐる歩きまわる(笑)。本人真剣です(キリッ)。

最近は「怖い」という感情が身についたらしく、ドラえもんの映画を見ていて悪者が出てきた時に、パパの後ろに隠れて指の隙間から画面を見ています。

これが超かわいい(^^)

生まれたばかりの頃を写真を見返すと、驚くほど小さくてほわほわしてることに気づきます。

ああ、二年近く経って、こんなにも大きくなってくれたんだな、って。ほんとうにあっという間です。

こんなにも懐いてくれるのは、きっと短いあいだなんでしょう。

小学生、中学生になるにつれて、だんだんと親の手を離れていくのでしょう。

今この時期に楽しい思い出をいっぱいつくって、大きくなったら明るく元気な子になってくれるように、パパとして出来る限り大きな喜びを娘にあげたいな、なんて思います。後からぞんざいに扱われたくないですしね(汗)

こんな気持ちにさせてくれるなんて。幼子って偉大だなと思います。

これからもますます楽しく遊ぶゾ!

コメントをどうぞ!