Fisheye Baby 110 Metalレビュー!

カテゴリー:カメラ タグ:

ロモグラフィーのとっても小さいトイカメラ、「Fisheye Baby(フィッシュアイ ベイビー)」をゲットしました!ロモのサイトで見かけた瞬間一目ぼれ。絶対買おうと決めましたが、誕生日が近かったため、嫁にプレゼントとして頂きました。ありがとさん(^^)

せっかくなので本体の写真や使い方などご紹介します。

fisheye-002
手のひらに載るサイズのかわいいカメラです。(ちなみに” ベイビー” というくらいなので親がいます。こちらです。)

fisheye-003
パッケージはこんな感じ。非常に開けずらいですが(笑)、とても凝ったつくりでかっこいい。このこだわりはアップルの製品に通ずるものがある気がします。

fisheye-0041
斜め前から。フィッシュアイベイビーは現在BasicとMetalの二種類がラインナップされていて、自分はMetalをゲットしました。

fisheye-0051
背面。丸いファインダーはフィッシュアイシリーズの証です。

fisheye-0051
こちらはデフォルトで装着されている「モデリングバック」。このパーツはフィルムを装てんするために外します。

fisheye-007
これは「フィルムバック」。撮影時にフィルムを送るための機構が付いてます。これにフィルムを取り付けます。

fisheye-008
フィルムバックに「110フィルム」を取り付けた状態です。現在ロモグラフィーでしか110フィルムを製造してないそうです。

fisheye-0091

以下、フィルムの装てんの仕方です。

fisheye-010
まず、モデリングバックを外します。

fisheye-011
110フィルムをフィルムバックに取り付けて…

fisheye-012
それから、フィッシュアイ本体に合体!

fisheye-013
合体後はちょっと体が大きくなります。(持ちやすくなります^^)

fisheye-014
うーんやっぱりかわいいなw

fisheye-015
ちなみに嫁が「小魚ちゃん」と名前をつけました(・∀・)

fisheye-016
ボディ両端に吊環がついているので、紐やストラップを通せば首や肩から下げられます!ステキ!


Metalの方にのみシンクロソケットがついていて、フラッシュが使えるそうです。

 fisheye-018
フィルムバック下側に巻き上げダイアル。巻き上げないで撮ると多重露光ができます。

fisheye-019
左端の穴にレリーズも取り付けできるようです。取り付けてみたけどシャッターが切れませんでした!(>_<)

fisheye-020
魚眼ファインダーをのぞくと…

fisheye-021
こんな感じです。

通常のフィッシュアイをずっといいなぁと思っていたのですが、妻が持っているので購入を見送ってましたが、こいつは手に入れて大正解!
ちっちゃくてかわいい割りに、存在感のあるトイカメラです(^_^)持ち歩くと楽しい、撮るともっと楽しいカメラですよー!

110 カメラ – カメラ – Lomography Shop.

コメントをどうぞ!