大好きな写真家。

カテゴリー:写真 タグ:,

自分はハービー・山口さんという写真家の写真が大好きです。

ハービーさんのとる人物写真=スナップ・ポートレートは人の笑顔を実に自然に写していて、見ていると幸せな気持ちが沸いてきます。雑誌や著書の中で繰り返し述べられる「人を幸せにする写真を撮りたい」という言葉どおりに、見るたびに優しい気持ちになれるのです。自分もこんな写真が撮りたい。求めているものが同じなんだな、と共感しています。

最近発売された写真エッセイ集の中で、幼少のころ病気をきっかけに味わったつらい孤独な気持ちから、人の温かさ、希望といったものを写真に求めるようになったと語られています。自分なら辛さに折れて希望を失ってしまうだろうし、実際ハービーさんのように前向きな気持ちになることは難しい。だからハービーさんの生き方に魅せられてしまうのです。

ひとりよがりな正義とか、振りかざす正論が自分を支えつつ苦しめる…そんな苦しい気持ちを楽に、自分が本当に求めているものを気づかせてくれたのがハービーさんの写真です。

まだまだ大変なことはこれからあると思うけど、ハービーさんの写真を見れば、自分の求めているものをいつでも思い出せるから。

だからがんばれる気がします。

コメントをどうぞ!