[映画]ONCE ダブリンの街角でを見ました

カテゴリー:日記 タグ:

ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]

ある日、ダブリンの街角で、男と女が出会う。男は、穴の空いたギターを抱えたストリートミュージシャン。女は、楽器店でピアノを弾くのを楽しみにしているチェコからの移民。そんな2人を音楽が結びつけた。彼が書いた曲で初めてのセッションに臨み、意気投合する2人。次第に惹かれあうものの、彼らは互いに断ち切れぬ過去のしがらみを抱えていた。もどかしさを胸に秘めたまま、2人の気持ちが揺れ動いていく…。
amazonより引用。

2007年の映画。何よりとても音楽がすばらしい映画です。惹かれあいつつも結局結ばれないふたりの距離感、切なさが音楽によって伝わってきます。物語は大きな紆余曲折がないシンプルなもので、それ故にすっと心に染み込んできたように思いました。
すごく瑞々しい気持ちを思い出させてくれる、良い映画です。心が乾いてしまったらときどき見返したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です