システムエンジニアSF!「星の舞台からみてる」読みました!

カテゴリー:読書 タグ:,


星の舞台からみてる (ハヤカワ文庫 JA キ 7-1) (ハヤカワ文庫JA)

アマゾンより引用:香南は、顧客の死後にweb上の死亡告知やサービスの解約処理を代行するHCC社勤務の25歳。伝説の創業メンバー・野上の死後処理を任された彼女は、謎 のメールに導かれ彼の人生を追う。一方、香南のネット上の代理人(エージェント)である〈カナ〉も、野上の代理人(エージェント)である〈ボク〉と出会 う。香南とカナの進む先には、野上の遺した世界を揺るがす秘密が……恋に仕事にひたむきな女子がwebとこの惑星(ほし)の未来を拓く。愛と勇気のシステムエンジニアSF!

ネットワークの中に存在するエージェント(人工知能のようなもの)が自分たちの存在をみつめ、定義していくくだりがとても面白かったです。
知能を持ったコンピューターが人間に反旗を翻すという物語ではなく、人と共に成長し、思考し判断する自分は生命と言えるのか自問します。その語り口が軽やかで、前向き。人が死を迎えた後、残されたエージェントはその存在が…これは実際に読んでもらいたい、哲学的とういか、ファンタジーな世界観です。

作中の時代設定や使われているネットワークの技術が、現代のリアルなものから近未来の実現しそう(してほしい)ものまで登場し熱いです!

信頼のネットワークでつながっていく…未来に希望が持てるストーリーです。ネットワークの知識がある方はより一層楽しめると思います!

コメントをどうぞ!