アバター見ました

カテゴリー:日記 タグ:

お正月二日目は映画「アバター」を見に行きました。
異星人の肉体を模した義体(アバター)にリンクして操るという、ありがちであれど王道な設定とハイクオリティーなアクションCGに感じるものがあり、見てみたいとずっと思っていました。

通常版と3Dバージョンがあって、自分は3D版を見たのですが3D用メガネを装着して見ます。メガネを装着すると、色の彩度と明度が下がってしまうのは本来の色を見ていない気がしてこれはどうなんだろうと思いました。iMaxシアターで見るのが一番良いらいしいのですが、最寄には無いですし…

しかし、いざ映画が始まると、そんな懸念は気にならなくなりました。主人公がアバターを操り、ジャングルを駆け巡ってモンスターと戦ったり、崖から落下したり、鳥型のモンスターに乗って空を飛んだりというアクションが非常に臨場感がありました。

なんというか、カメラで言うピントが合っている部分と合っていない部分がはっきりしていて、つまり合っている所に自然に焦点が行くような仕組みな気がします。それが3D表現の仕掛けなのでしょうか。
とにかく、こんなに人(人型)が動くアクションを見るのは初めだと思います。

CGのアバターの動きや表情がとてもリアルでモーションキャプチャーも新しい技術が使われているようです。

ストーリー展開は割と先の展開が読める「王道」なもので、逆に安定感があるというか安心してみることができました。アバターの場合はグラフィックの奥行き感というか、スケール感を通じてその世界に入り込めるということがまず先にあると思うので、ストーリーが難解だと逆に世界に没頭できない可能性もありそうなのでこれで良いのだと思います。

まだ発展途上な所はあると思いますが、アバターはかなり満足できました。

3Dというか、バーチャル体験をもたらすようなグラフィック表現は映画に限らず今後増えていくのでしょう。その先駆けとしてこの映画はとてもすばらしい映画だと思います。

コメントをどうぞ!